しんそう

しんそう宇治六地蔵

住所
〒611-0002
京都府宇治市木幡赤塚23-8
受付時間
AM9:00~PM9:00迄
休身日
日曜日
駐車場
4台分

お客様の声

※アンケートはクリックで拡大表示してご覧いただけます。

京都府伏見区 T.Mさん

■症状:頸椎ヘルニアとそれに伴う頭痛・背中の痛み・肩こり

匿名希望さん

■症状:頸椎からの痛みで肩・手の痺れ

京都府宇治市 田中義雄さん

■症状:頸椎症性神経根症

奈良県奈良市 松阪佳明さん

■症状:腰および頸椎ヘルニア

滋賀県高島市 K.Sさん

■症状:腰椎椎間板ヘルニア

京都府宇治市 N.Rさん

■症状:脊柱管狭窄症に伴う腰痛

滋賀県湖南市 H.Mさん

■症状:椎間板ヘルニア

京都府伏見区 Y.Mさん

■症状:O脚、正座できない、階段が下りにくい

よくある質問

Q.1 どれくらいでよくなりますか?あと個人差について

例えば腰痛について。
「腰が痛いんですが何回でなおりますか?」
電話でよく聞かれますが、
腰痛でもヘルニアなのかぎっくり腰なのか何なのか、歳はいくつなのか、痛めてからどれくらい経つのか、
何をして痛めたのか、初めて痛めたのか、仕事は何をされているのか、
筋肉の質は硬いのか柔らかいのか、治療と思ってどんなことをされてきたのか…。
みなさんそれぞれ違います。これが個人差というものです。
しかし、電話で大体の姿は想像できます。
左右の手足のバランスがずれていて、身体の形が歪んでいる。
腰に痛みが出る形になっています。
しんそうは身体の形を直すための確立された検査法と技術があります。
人によって何回で完全に楽になるかは分かりませんが、
初回でかなり楽になる方が多いのも事実です。

Q.2 しんそうと他の歪みを直す整体とどう違うのですか?

「しんそう療方とは」の本当の歪み直しとはでも説明していますが
身体の歪みとは、左右の手足がバランスを崩すことにより体幹の筋肉が捻じれて、
骨格が歪められてしまうことを言います。
歪みを直すためには手足の左右がどうなっているのかを比較する検査が必要です。
そして、施術をして再度手足が揃ったかどうか確認するために検査が必要です。
この手足の左右差を比較する検査法はしんそうの商標なのです。
手足の左右差がどうなったかも確認せずに歪みを直すことなどありえないのです。
最近はテレビや雑誌で歪みの特集をよく見かけますが、「それでは直らないですよ。」と
言いたくなるものばかりです。

Q.3 見た目はそんなに歪んでないのですが、体調がすぐれません。やはり歪んでるのでしょうか?

このサイトに載せている歪みの写真はひとめではっきり歪んでいると分かるものを
使用しています。一般的にひとめではっきり歪んでなくても、手足の左右差は
誰しもあります。これこそがしんそうが言う歪みなんです。

体調がすぐれないなら、かなり手足の左右差があると思って間違いありません。

Q.4 また歪むのではないですか?

そうです。生きて動いている限りは日々歪みとの戦いです。
二本の足で立つこと自体不安定で、なおかつ前後左右ひねったりと
複雑に身体を動かすわけですから、歪まないことはないです。
だからこそ定期的になおさなければいけません。
これが最良の手入れです。
みなさんは今迄何が本当の手入れか分からずに迷ってこられました。
身体というのも一つの道具です。
長持ち(長生き)させるためには、正しい手入れをして
正しい使い方をしていけば良いのです。
ゴルフやテニス、野球などの球技をされる方や、
仕事上の身体の使い方で無理な体勢や片寄った動きをされる方は
特にしんそうを受けて定期的に基本の形に戻すことを
おすすめします。

顔を洗う、歯を磨く、お風呂に入る、散髪をすることと
同じように歪みをなおすのです。

Q.5 何回くらいでなおりますか?

もちろん年齢や個々の特性により個人差があります。
症状がきつければ、最初は早めに受けにこられて、
様子を見ながら楽になっていくにつれて、
間隔をあけていき、後は5年・10年先のご自分が
健康であるために予防の意味で受けておかれることをおすすめします。
定期的に受けておくことで歪まないように、
歪んでも揃いやすいように
筋肉も学習していきます。
良い刺激が身体に蓄積されていくのです。

Q.6 しんそうは比較的に時間が短いですがいいのでしょうか?

しんそうは歪みをなおす(基本の形に戻す)ことを目的とした運動療法です。

ですからここが凝っているから時間をかけて揉む・叩くなどは一切しません。

しんそうは歪みをなおすための刺激しか与えません。
しかし、いくら良い刺激であっても長くやればいいというものではありません。
腹八分目という言葉がありますが、刺激も八分目が丁度いいのです。
お茶碗一杯で満腹になる人に三杯は多いのです。

↑トップへ戻る