しんそう

しんそう宇治六地蔵

住所
〒611-0002
京都府宇治市木幡赤塚23-8
受付時間
AM9:00~PM9:00迄
休身日
日曜日
駐車場
4台分

松本友明の経歴

昭和43年2月15日生 B型 水瓶座
宇治市六地蔵で生まれ育つ。

15歳で腰椎分離症になる。
18歳の時バイク事故、全身打撲で意識不明になり
救急車で運ばれそのまま入院。
骨折は幸い無かったものの、強打したため左膝が曲がらなくなる。
胸椎がずれて左の肩甲骨周辺が異常なほど凝りだす。
不整脈も出て心臓がドキドキする。
時おり息苦しさや冷や汗が出てきて、何もやる気が起きなくなる。

不安だらけの毎日を送っていたそんな時、知人の紹介でしんそうを知る。
紹介された山口県岩国市まで行き、人生初のしんそうを受ける。18歳の冬のこと。
岩国の先生から大阪の鵜飼先生を紹介していただき、あびこまで通院する。
鵜飼先生に不調のすべてを改善していただく。
やっと生きる希望が持てて様々な仕事をするも、自分にはしんそうしかないとの
強い思いから弟子入りを志願。
24歳で当時広島におられた創始者の林宗駛先生のもとに弟子入りをさせていただく。
平成8年、約4年お世話になり帰京する。1月から研修会に参加を始める。
この年28歳、出張形式でしんそうを開業する。
翌年4月、29歳、今の場所で開院する。
常に最高最良のしんそうをみなさんに提供できるように研修会に参加し続け、
研鑚を積んでいます。
平成25年5月。
しんそう大坂会理事に就任。研修会の企画運営、基礎科クラスの指導を担当。

今、私がしんそう士として生き活かされている、原点ともいえる腰椎分離症になった経緯を書きます。

東宇治高校ハンドボール部に所属して、全力でコートを駆け巡っていた1年生の夏、
シュートをしようと飛んだ瞬間後ろから押されて勢いづいたまま、腰から地面に落ちる。
その一瞬で人生が変わった。
下半身が麻痺したかのように動かず、そのまま天を仰いでコートに寝ていた。
あまりにも動かない私を見て仲間たちが起こしに来てくれた。
脇を抱えられて起き上がったが、左足が前に出ない。
左足を引きずるように何とか抱えられて歩いた。
コートから出てしゃがみこんだ。

まだ事の重大さに気付いてなかった。
これから始まる試練と向き合うことになるなんて、これっぽっちも思っていなかった。
少し休めばまたいつも通りに動けると、走れると思っていた。
飛んで跳ねてシュートができると思っていた。
またすぐに大好きなハンドボールができると思っていた。
しかし現実は、いつまで休んでいても左足の感覚が戻らない。
腰もどんよりと雨雲が垂れ込めてくるように痛みだしてきた。
15年生きてきて経験したことのない身体の状態に、気持ちは瞬く間に不安でいっぱいになった。
帰宅後すぐに近所の総合病院に行った。
レントゲン検査の結果、「腰椎分離症です。ほらここに亀裂が入って折れてるでしょ。
それが左足の神経を圧迫していて麻痺が起きてるんですよ。腰椎がずれないように鉄板を
あててボルトで留める手術をしましょう。ただし万が一のことがあれば下半身に障害が
でる可能性もあります。」
「ハンドボールはまたできるんでしょうか?」と聞きました。
「ハンドボールなんて無理です。クラブはやめなさい…。」
誰のこと、一体何のこと…。自分に今何が起きてるのか…。
つい何時間か前まで自由に動いてたのに…。
どうなってしまったのか。これからどうなってしまうのか。
もうこの時には不安で押し潰されそうでした。
親のすすめで後日、別の病院へ行きました。
診断結果は…、やはり同じでした。
手術を勧められ、ハンドボールはやめなさいと。
一縷の望みを持っていたのですが、運命はどうにもなりませんでした。

続きは下にスクロールして「私の仕事はしんそうです」を御覧下さい。

歩み 松本友明の歩み

つらかった十代

私がしんそうの仕事をするまでの経緯を説明します。
高1、15歳の時、ハンドボールをしていて腰を強打して脊椎分離症になり、
手術を宣告される、手術に不安を感じたため、整体・カイロプラクティック・マッサージ
整骨院・はり等様々な治療を受けるが思わしい改善はせず。

18才の時、バイクで事故にあい全身打撲意識不明で入院。
骨折はなかったものの左ひざが曲がらなくなり、歩くのもびっこを引く状態。
肩こり、背中の痛み、顎肉節痛、不整脈など腰痛だけでもつらいのに様々な不調がのしかかる。

しんそうとの出会い

バイク事故のあと、当時バイトをしていた店のオーナーさんから紹介を受けて、山口県の岩国まで診察を受けに行く。
今まで受けたことのない優しい施術で「えっ」と思うも全ての不調の原因が手足の左右差であること、
手足の左右差を揃え、身体の歪みをなおさなければ改善しないという説明を受け、
何をすれば良くなるのか分からず、
生きていく希望が持てなかった当時の私に一筋の光を与えてくださいました。
これがしんそうとの出会いです。

その後、大阪あびこの鵜飼先生を紹介していただきまして、通院し、腰も膝も全ての症状を改善していただきました。

頭を丸めていざ広島へ

18才でしんそうと出会い生きる希望をもらい、それからというものまた無理をして腰を痛めたり、鞭打ちになったりしても
「しんそうを受ければ大丈夫!」という安心感があったので、
何がおきても平気でした。生きていくうえでこれは本当に大きかったです。
様々な職を経験してきた23才の時、仕事の無理がたたり、
腰痛から左足の坐骨神経痛がかなり悪化して、
また鵜飼先生になおしていただきました。

そのときに決心しました。
「しんそうには一生お世話にならなければいけない。
それならば自分もこの世界に入ろう。
自分の人生を変えてくれたしんそうを今度は人にしてあげよう!」と。
そして当時広島におられた創始者である師匠の林 宗駛先生の元へ弟子入りをさせていただけることになりました。
24才。1992年3月。まだとても寒く身の引き締まる日の朝、
出発前の写真です。

京都へ帰郷 さあやってやる!

1996年2月。約4年間広島でお世話になり、京都へ戻ってきました。
1月からは一般の研修生として研修会に参加させていただくことになりました。
自分自身の腕にはまだまだ自信が十分もてませんでしたが、「しんそう」に対する自信は
このとき既に並々ならぬ物を持っていました。早速チラシを作り、出張専門ではじめました。

口コミで次から次へと紹介していただき京都中を毎日車で走り回っていました。
「歪みをなおせば大丈夫!私も楽になりました。あなたも良くなりますよ!」
しんそうに対する自信から、言葉が溢れ、行く先々で説明し施術をしてきました。

ともにすこやかなる場を目指し 開院

1997年4月開院。29才。
「当院のご案内」でも説明していますが、
「しんそうに出会えてすこやかにしていただき、今度はみなさんもすこやかになってもらいたい。
ともに健やかなる場となるように。」
そんな想いから屋号を「友健庵」として開院しました。
年齢、性別、仕事、立場などが違う様々な「人」が来られます。
痛みなどの症状をなおしてほしくて来られます。
しかしなおすのは身体の歪みです。痛みなどの症状にムキにならず歪みと向き合ってきました。
しんそうを信じ、自分を信じ、今の自分が出来ることを精一杯やろう!白いシーツの上が自分の舞台であり、真剣勝負の場。
来られた時よりも少しでも歪みをなおし、少しでも楽になって帰ってもらいたい。
そんな想いを胸に日々「歪み」と向き合ってきました。
2014年10月現在、開院して19年目を迎え今も変わらぬ気持ちで仕事をしています。
「しんそう宇治六地蔵」当院は、本日もともにすこやかなる場として存在しています。

世の中、生活ための仕事は数々あれど、人の人生を人の未来を変えて喜んでもらえる仕事はそうはありません。
二人の息子に「父ちゃんの仕事はしんそうやで、歪みをなおしてみんなを元気にする仕事やで」胸を張ってそう言います。
つらかった十代、生きる希望もなかったあの日、このままで終わるか!終わってたまるか!!
そうは思っても身体は自由に動かず・・・。どん底からしんそうに出会えたおかげで「禍い転じて福となす」ことができて今の自分があります。「しんそうあり 故に我あり」

私の仕事はしんそうです。

今後の展望

国王、大統領、アラブの石油王、お医者さん、ホームレスの人。
人として立場は違えどもこの星で重力に抵抗して生きるという
条件は一緒です。
歪んでいていい人は一人もいません。つらい形で重力に
抵抗していて快適な人は一人もいません。
ただ、皆さん歪んでいることを知らないだけです。
歪みとはどういうことかも知らないのです。

しんそうは約500万年前に二足歩行という不安定な形で重力に抵抗を始めて以来の人類初の快挙です。
壮大なる仕事です。
人体の仕組みが変わらない限り、永遠に受け継がれていく仕事です。人種、国境も関係なく誰にでも通ずる仕事です。
しかし、今のところ実質日本にしかありません。カナダに一人先生がおられますが。
私は今は宇治という地域の一先生でしかありません。
しかし宇とは天を示し、治とはおさめるという意味です。
たまたま宇治という土地に生まれ育ち、仕事をしているのも何かあるのかもしれません。
ゆくゆくは世界中を「しんそう」という人類共通の最高の最良の商品を抱えて飛び回っているかもしれません。

私はイメージできます。青い目の人がしんそうを学んでいる姿を。
黒い肌の人が研修会に参加している姿を!
世界中の人にしんそうを知ってほしい。
そして是非、縁のある人は受けてほしい。

このホームページが、世界の人へしんそうの橋渡しになることを願っています。

私の仕事はしんそうです

今想うこと

↑トップへ戻る